症例1から症例5までは画面上でクリックすると次の写真へ変わります。
症例6から症例12までは画面上でスクロールし読み進んで下さい。

症例写真

重度の歯槽膿漏のため、歯周治療の施しようもありません。
不本意ですが、上下の残っている歯すべてを抜歯するよりしかたがありませんでした。

このページのトップにもどる

症例写真

症例写真

このページのトップにもどる

症例写真

症例写真

その後、上顎に8本、下顎に8本の合計16本のインプラントを埋入しました。
抜歯直後は、入れ歯での生活だったため、来院の度に不満を多く述べられました。
しかし、インプラントにしてからは全くといっていいほど、その不満がなくなりました。
快適な食生活をおくっておられるためか、今では見違えるほど明るく快活になられました。

このページのトップにもどる

症例写真

症例写真

症例写真

このページのトップにもどる

症例写真

症例写真

当院では、このような難症例を数多く手がけています。そして、別の医院ではできないといわれて来院された患者様を、ほとんどといっていいほど、お断りしたことがありません。
インプラントを希望される患者様が、どのような難症例であろうとも、最先端の治療技術を駆使して、最良の結果が得られるようにします。
そして、審美面においても、あらゆる配慮を尽くして精緻に仕上げていきます。
歯科医師としての誇り、プライドにかけて、インプラント治療に対して妥協することなどありえません。

このページのトップにもどる

症例写真

このページのトップにもどる

症例写真

症例写真

このページのトップにもどる

症例写真

症例写真

このウィンドウを閉じる