• 診療方針
  • 院内感染予防対策
  • 治療の流れ
  • 診療項目
    • 予防歯科
    • 歯周病
    • 美容審美歯科
    • 矯正
    • インプラント
  • 料金表
  • お問い合わせ
    • お問い合わせ入力フォーム
    • よくあるお問い合わせ
  • 医院のご案内
  • 院長紹介
  • 講演・学会レポート
  • 採用情報
診療項目
インプラント
インプラント
もう一度自分の歯。ずっと自分の歯。
 科学の急速な進歩と同様に、歯科医学も常に変化し進歩しています。現在の歯科医療は、さまざまな技術革新が行われ、数年前とは比べものにならない程の様変わりを見せています。
 そのような中、インプラント(人工歯根)は歯科技術の中でも最も革新的で最先端の治療技術といえるものです。歯を失うことは咬むことに不自由するばかりではなく、顔貌の変化もおこります。歯を失うことで人は急速に老いていきます。
 最近よくいわれるアンチエイジングにおいても失われた歯を人工の歯根によって蘇らせることのできる、このインプラント治療はまさにその旗手であるといっても過言ではありません。
 インプラント治療を受けることにより、再び自然な機能と美しさを得ることができます。
 当院ではこのインプラント治療に一番力を注いでいます。
 日々学会での発表、最新のインプラント治療の研究会出席、数多くのインプラント治療実績と経験、それらにより質の高いインプラントをご提供します。
このページのトップにもどる
 
インプラントの構造
STEP1
インプラントは基本的に、歯根部分にあたるフィクスチャー(STEP1)と人工歯冠の土台となるアバットメント(STEP3)の2つの部分に分かれています。
STEP2
まず、STEP1とSTEP2で骨の中へフィクスチャーを埋入する作業を完了します。
STEP3
そして、2〜3ヶ月間フィクスチャーと骨とが一体化し、結合するのを待ちます。
アバットメントをフィクスチャーに連結させます(STEP3)。このとき2回目の簡単な手術を行います。
STEP4
そして、型取りをしてSTEP4の人工歯冠の装着を行い、すべて終了します。期間は2ヶ月から3ヶ月を要します。
 
このページのトップにもどる
インプラントの構造(1回法埋入手術)
STEP1
もうひとつの方法として、1回法のインプラントがあります。 これはフィクスチャーとアバットメントが一体となったもので、手術が一回ですむため上記のインプラントよりも簡便にインプラント治療が進みます。
STEP2
しかし、骨の少ない部分への埋入手術ができなかったり、他にも長所・短所のいくつかはそれぞれにあります。
担当医と十分御相談ください。
 
このページのトップにもどる
病気をお持ちの方のインプラント治療
 内科的な病気をお持ちの方、糖尿病などの成人病の方に対しても麻酔専門医と協力して手術にあたっています。(しかしながら重篤な疾患をお持ちの方は手術が不可能な場合もあります。)
 
このページのトップにもどる
CT撮影を行い、インプラント埋入手術をシミュレーション化
 近年、インプラント治療の技術革新は目覚しく、検査、診断においてCT撮影を行い、より的確な手術が行えるようになりました。
 当院では5年前より他に先駆けてCT撮影を行い、特別なソフトを使用し、より確実で安全なインプラント埋入手術を行っています。
 
このページのトップにもどる
症例
症例 1
症例
 この方は48歳の女性です。向かって右の前歯がご覧のように根が破折したため、抜けてしまいました。インプラント治療により「治療後」の写真へ回復しました。
 現在のインプラント治療は、審美的にもここまで可能となりました。
このページのトップにもどる
症例 2
症例
 嘔吐反射が強く総入れ歯を入れてはいられない52歳の男性です。いまでは何でも食べていらっしゃいます。
 もう5年が経過しています。何の異常もありません。
このページのトップにもどる
症例 3
症例
症例
 こちらの方は、下の部分入れ歯に違和感を感じ、落ち着きが悪いと言うことでインプラントを希望。 向かって右側に入っている奥3本がインプラントです。そのほかの歯はすべて連結してブリッジにしてあります。
 以前はいくつも入れ歯のバネがみえて大変見苦しかったのですが、下の歯においては大変すっきりしました。
 このインプラントでは、被せ物が入るまでに1.5ヶ月かかりました。
 お年が78歳とかなりの高齢にも拘らず手術をされましたが、たいした痛みや腫れもなくこのような形で無事治療が終えられました。

現在の手術法はいかに痛みや腫れを少なくできるかということに重きを置いていますので骨の状態がよければ無切開・無縫合手術で行うことが多くなりました。そのため痛みや腫れがほとんどなくなりました。 骨が薄い場合は、骨幅を広げるような手術を行うことでインプラントができるようになりました。
このページのトップにもどる
症例 4
症例
 この方は84才の女性です。当院でインプラントを埋入手術された最高齢者です。2004年12月に埋入手術をされました。
 この方がされたインプラントは特殊なインプラントで切開縫合などではなく、通常のインプラントの半分以下の太さで大変細いため、手術は非常に短時間で終わり、痛み、腫れなどはほとんどありません。
 下顎の総入れ歯の前歯部分に埋入し、ボール状の頭の部分が歯ぐきより上に出ます。 そのボール状の頭の部分が入れ歯の裏側に埋め込んだ丸い金属の内面にあるシリコン製のO−リングに正確にはまり込み、入れ歯を全く動かないように保持してくれます。 手術後数日で入れ歯の装着が可能です。
 尚、このインプラントは上顎には使用しません。上顎の骨は柔らかいためこのような細いインプラントではもたないからです。
 ちなみにこの方は、上下ともに総入れ歯で下顎にこのミニインプラントが埋入されています。今では何でも咬めるようになったと大変喜んでいらっしゃいます。
このページのトップにもどる
症例 5
症例
症例
 この方もミニインプラントが装着されています。ご覧のように、スルメ、ピーナッツや干し魚などなんでも咬んでおいでます。 「以前の入れ歯ではこのようなものは全く咬めませんでしたが今ではなんでも自由においしく食べることができ、本当に幸せです」とのこと。このようなお言葉を頂くと私も幸せになります。
症例



このページのトップにもどる
 
治療終了後もケアを忘れずに…
 インプラントを正しい状態で長持ちさせる為には、お口のケアと定期的なメンテナンスが不可欠です。
 愛車が車検を受ける事が当たり前のようにインプラントも定期的な検診が必要です。